top of page
  • yoshidaguide

西中国山地の雪山@恐羅漢山・旧羅漢山

西中国山地の雄、恐羅漢山。広島県の最高峰として地元では有名です。

無積雪期はハイキングコース程の山ですが、冬は豪雪地帯に指定されている西中国山地には十分な積雪期があり雪山登山を楽しめます。

森林限界を超えない中国山地の山々は山頂部まで樹林帯に覆われている緩やかな山が多く、足回りはスノーシューやカンジキが活躍します。
















この日は年末以来の寒波の流入で、朝から降雪があり新雪が10㎝ほど増し、風も強くて山頂で気温-10℃でした。

恐羅漢山の冬期は東面からの直登が恒例です。東面なので風の影響も少なく、樹林帯を縫うように標高差500mを一気に詰め上がります。積雪期おすすめの楽しみ方です。雪不足と言われていましたが、山頂で60~70㎝ありました。

頂上稜線は冷たい風が吹いていたので、休憩を短くして旧羅漢山へ継続します。

この道は、ガスに包まれると迷宮コルとして有名です。残されていたトレースに迷いが表れていました。天候が悪い時は無理をしない方がいいですね。

展望の旧羅漢山ですが、猛烈に風が強くて、ここも長居は出来ず早々に下山しました。

↓旧羅漢山からの展望・日本海まで見える

↓強風と低温で霧氷が成長する

下山はコル付近から二軒小屋に向かいます。角度を出して、地形を確認しながらのルーファイ。

何度も谷に吸い込まれそうになるのを修正しながら、自分たちのトレースに合流できました。


今シーズンは、まとまった降雪はありませんが、気温は低いので雪は残っています。

標高が低い中国山地は融雪も早いので、短い雪山シーズンを楽しみたいですね。

閲覧数:35回

最新記事

すべて表示

Comments


facebook-1_edited.jpg
bottom of page