top of page
  • yoshidaguide

モフモフの新雪@烏帽子山・比婆山

広島の西城町と島根の奥出雲町、県境にある比婆山連峰。

1200m前後の山々が連なる、四季を通して人気の登山エリアです。3月初旬に烏帽子山と比婆山を歩いてきました。


登山拠点である、県民の森公園にあるスキー場は雪不足で営業してない状況。雪を諦めていたところに、寒波到来。

一晩で降り積もった雪は40~50㎝。モフモフサラサラの新雪をスノーシューで楽しみました。

↓毛無山1143m

朝、県民の森公園センターの駐車場には10台程しかありませんでした。週末なのに登山者の姿は疎らでした。

天気は雪、冬型の気圧配置なので北風が冷たかったです。

出雲峠に向けて歩き始めると、毛無山登山口から先はノートレース。新雪を歩けました。

↓ヴァージンスノー

気温が低く雪はサラサラ。

トレースのない雪を歩くほど贅沢で気持ちの良いものはありません。程度によりますが‥

出雲峠から烏帽子山への上りは、冬季限定の尾根ルートを登りました。

この県境尾根から雪が少しずつ深くなります。スノーシューでも膝下くらいまで沈みますが、雪が軽いので楽ちん。

頂上に近付くにつれて、風の影響で吹き溜まりも深くなってきます。

↓烏帽子山1225m。展望なし

残念ながら烏帽子山からの展望はありませんでした。辛うじて比婆山が見える程度。

↓比婆山1264m・御陵

低く垂れ込める雪雲の中、風が冷たいので樹林帯のコルまで下りて休憩。低温下での休憩は大事です。

食べないと体が温まらないですし、エネルギーも枯渇します。

ゆっくりすると体が冷えるので、しっかりと空間を作って食事の時間を大切にします。

静寂な比婆山へは美しい白く珊瑚のようなブナ林が続きます。

時々青空が見え始めました。比婆山からは営業していないスキー場を歩いて下山しました。


誰もいないスキー場をスノーシューで歩く贅沢。もちろん雪はモフモフ。

最後は太陽が出てきてくれて、気持ちのよい登山になりました。寒波のタイミングが絶妙でした。

閲覧数:24回

最新記事

すべて表示

Comentários


facebook-1_edited.jpg
bottom of page