top of page
  • yoshidaguide

シダ藪の岩尾根で遊ぶ。

廿日市市にある経小屋山。大野西国街道沿いにある、瀬戸内展望の山として人気です。

GW終盤、夏のような天気予報でしたが、雲が多くて助かりました。新緑になると瀬戸内はシーズン終盤ですね。

↓見上げる残念尾根

今回は南面にいくつかある登山ルートの中で、岩稜+シダ藪主体の尾根を登りました。

踏み跡を辿って深いシダ藪を歩いていくと、足元は徐々に岩場になり、背後に瀬戸内の展望が開けてきます。

↓左端に宮島の南端・革篭崎と可部島

急傾斜の細い岩稜を登ったり巻いたりしながら、アスレチックなルートが続きます。

一枚岩ではなく、積み重なった岩を繋ぎながら登るので変化があって面白いです。

岩稜が終わると、再びシダ藪の急尾根を登って513m高点へ。ここまでで結構疲れます。

不明瞭な箇所もありますが、概ね尾根上を歩くので問題ありません。山頂は割愛して鳴川ルートから下山しました。

↓大野瀬戸と安芸の宮島

年に数回は訪れますが、シダやイバラが薄い冬から春先が適期です。夏は日当たり良すぎて茹で上がります。

イバラの道は、時期を間違えると高価な登山ウェアが残念な事になるので、ドレスコードに注意です。

閲覧数:16回

最新記事

すべて表示

コメント


facebook-1_edited.jpg
bottom of page